We Ocans, a dramatic life

旅行先での、お・も・て・な・し

20131202-093618.jpg
LINEで送る

こんにちは。
 
 
寒い日が続いておりますが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
 
seiyaです。
 
 
 
 
 
今日は僕がイタリアへ行った時の話しを少しさせていただきます。
 
 
 
約半月前に、
ローマ→フィレンツェ→ベネチア→ミラノの経路で回らしていただきまして、
 
 
 
その中でフィレンツェでのディナーの時に、

最高の、

お・も・て・な・し

を受けました。
 
 
 
それがここのお店での一枚。
 
 
店名 Buca Mario

20131202-091447.jpg

僕自身イタリアは初めて訪れるので詳しいお店など分かっておらず…
 
 
 
そんな中あらかじめ旅行会社の方から、
美味しいお店だよ。』と聞いており行く事にしました。
 
 
 
店入ると…

まさかの、
 
 
 
 
 
満席!
 
 
 
残っていた2テーブルも予約でいっぱい…
 
 
 
諦めかけたその時に店員さんが、
僕の嫁さんのネイルの爪を見て
 
 
 
何と、入れてくれたんですよ!
 
 
 
僕は不思議に思い、
 
 
 
『何故入れてくれたのですか?』
と聞くと、
 
 
 
店員さんが『今日は特別に。』と。
 
 
  
  
そして、
 
 
 
 
 
『何故なら貴女の爪が美しいから。』
 
と言うのです。
 
 
 
 
この言葉を聞いた瞬間、
鳥肌がたちましたね。笑
 
 
 
まず思うのが、
日本でこういった習慣は無いと思います。
 
 
 
規則やルールがしっかりしすぎて…。
 
 
だからと言いダメと言ってる訳ではありませんが、
 
 
人が人に対する、損得感情なしでの本当の気持ち。
 
 
 
 
 
 
 
 
忘れがちではありませんか?
 
 
 
 
 
 
人を思う気持ちって本当はこうやって、自分の本心でストレートでいいと思いました。
 
 
 
こんな人間関係が……。
って日本でも根本的に相手を思う気持ちが大事なんだと感じました。
 
 
 
自分の気持ちが大事です。
相手に対して思っていれば、相手も必ず思ってくれる筈です。
 
 
 
この気持ちこそが大事なんですよ!
 
 
 
 
 
それに、
 
『何故なら貴女の爪が美しいから』って
日本語には無いイントネーションと言うか…。
 
 
 
兎に角、
お・も・て・な・し・に感動しました。
 

20131202-093049.jpg
 
 
イタリアへ行った際には是非、
Buca Marioへ。
住所→Piazza degli Ottaviani, 16r, Firenze
 
 
 
 
 
イタリアでの話しまた書かせてもらいたいと思います。
 
 
では、また

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

20141211-114840.jpg

結婚式

続きを読む

カテゴリー一覧

ブログ記事ランキング