We Ocans, a dramatic life

スーパー銭湯大好きな僕が辿り着いた最後の楽園《花の湯》

20131105-192022.jpg
LINEで送る

どうもDONちゃんです。

僕がほぼ毎日通っていて、スーパー銭湯に女装した男がいた話。(イチモツ付き) 花の湯(近所の銭湯)にスーパーマリオがいた話。 などで、たびたびブログにも書いている花の湯が11月1日から値上がりしました。

390円から、、、、、、、、

20131105-073932.jpg
420円に。

まぁ他のアミューズメント的なスーパー銭湯に比べれば420円でも全然安いんですが。
値上がりと聞くと花の湯と通ってる老人達への溢れんばかりの愛情ゆえに、『経営大丈夫かなぁ??』とか『毎日通ってるじーさんばーあさん達の年金生活を圧迫しちゃうんじゃないかなぁ??』とかすごくお節介な心配をしてしまうわけです。
  
  
  

なにより、花の湯が潰れちゃったら俺はどこで風呂に入ればいいんだいセニョリータ、、、、。
  
  
  
  
  
  
  
どこで、、、、、、、、。
  
  
  
  
  
  
  

入れば、、、、、、、。
  
  
  
  
  
  
  
  

いいんだ、、、、、、、、、。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

20131105-080856.jpg
『どこで入ればいいんだーー!』
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

20131105-081524.jpg
『家で入ればいいじゃん。』
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

20131105-124541.jpg
『そんな冷たい事言わないでよ。』
  
  
  
とゆうわけで、今日は自他共に認めるスーパー銭湯マニアのこの僕が辿り着いた最後の楽園《みなと花の湯》の素晴らしさを主観を交えつつ紹介したいと思います。
  
  
  
  
・浴場まで1分。
発券機で入浴券を買ってから湯船に浸かるまでが1分で行けてしまいます。
発券機→受付→脱衣所がめちゃくちゃスムーズなんだよね。
受付に入浴券渡した瞬間『はいどーぞー。』みたいな感じだから早い。
入浴券ぐらいの大きさの紙出しても『はいどーぞー。』ってなりそうなくらいの勢いなんで相当客を信頼していると思います。
タオルとかカミソリとかの券も一緒に出すと『はいどーぞー、、、あ、タオルね。』みたいになってるのをよく見かけますからね。
まぁアミューズメント的なスーパー銭湯みたいにゴチャゴチャしてないし、支払いするバンドとかないし、風呂入るだけならめちゃくちゃ楽チンです。

・相撲が好きになる
サウナにはテレビがあるんだけど、相撲が開催されている期間は夕方5時になると毎日必ず店員のおばちゃんが『相撲に変えますね?』と言いチャンネルを変えにくる。
あもすもない。強制的に相撲を見せられる。
待ってましたと言わんばかりに常連のじいさん達は食い入るようにテレビを見だす。
あれやこれや相撲のことばかり話すもんだからこっちも詳しくなっちゃってだんだん好きになっちゃうわけだ。
そのうちサウナであぐらかいて汗かきながら相撲を見る自分をかっこいいと思ってきちゃうんだから不思議だ。

・常連客との絆
毎日通ってるうちに常連客が誰なのかがわかってくる。向こうもこっちが毎日来るもんだから多少は気になりだすわけだ。
サウナでの座る場所も決まってるからあそこはあの人の場所だから譲ろうとか考えて行動してると何かしらの絆が生まれるわけです。そこで、挨拶なんてしちゃったらもう常連の仲間入りしちゃって少し会話したりするときも出てくるわけだ。完全に銭湯でだけの付き合い。
これが本当の裸の付き合いなのかもしれない。

・金ネックが流行
花の湯は金のネックレスをしてる人がたくさんいる。
花の湯の先輩AKIと会話するときなんかも『あの金ネックの人さ?』なんて言うと『どの金ネックの人?』みたいになってしまう。
いろんな金ネックの人がいるもんだから、もう金ネック自体が特徴になってないわけだ。
ここだけの話、僕も購入を考えている。

・グローバルコミュニケーション
花の湯にはいろんな国の人がくる。
その中でも一番多いのが中国人だ。
見た目はチャイニーズマフィアかと思ってしまうくらいコワモテなんだけど中身は優しい人達でみんな常連客とも仲がいい。国境を越えての裸の付き合いってわけだ。
ただテレビで日中関係のニュースとかやり出すとじゃっかん変な空気になる。
しかし、花の湯の日中関係は良好だ。

・定食が安い
花の湯の食堂は定食が安い。
500円あれば定食が食べれて量も結構ボリュームあるもんだからお腹いっぱいになれてしまう。
毎月26日と27日と28日は生ビールが300円になる。おつまみメニューも豊富だから飲み過ぎに注意だ。
サウナのあとの一杯は最高だからな!
  
  
  
  
  
・まとめ
人との絆が生まれ、相撲が好きになり、国境を越えた裸の付き合いができ、金ネック購入を考えてしまう、そしてメシうまいし安い、、、、、、、、、、、、、。
  
  
  
  
  
こんなスーパー銭湯ほかにどこがあるってゆうんですか!!!!
  
体も心も暖かくなれる銭湯です。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

20131023-132716.jpg

睡眠の秋。

続きを読む

カテゴリー一覧

ブログ記事ランキング